ブログトップ

tierra-k2

kaspatium.exblog.jp

ビスコッティ

ポリポリ、カリカリ
食べだすと止まらない美味しさ。イタリアのお菓子。

ヴィサントという甘いワインに浸して食べるそうです。
梅酒でもいいかも、実験済みです。

b0227568_21275314.jpg

<材料> 
薄力粉          270グラム
ベーキングパウダー 小さじ1
きび砂糖        100グラム
卵 2個
バニラエッセンス    少々
ホールアーモンド   100グラム ローストして横半分に切る
レーズン         30グラム

<作り方>

1 ボールに薄力粉(今回は全粒粉を使いました)とベーキングパウダーを入れ混ぜ
  中央をくぼませ、砂糖、溶いた卵、バニラエッセンスを入れ粉を崩しながら混ぜていく。
  なめらかになったらアーモンドとレーズンを加えこねる。

2 生地を3等分し、ナマコのような形にする。
  
3 オーブンペーパーの上にのせ、180度で30分焼く。

4 焼けたら熱いうちに斜め1.5センチ幅に切り、再びテンパンにのせ
  160度の低温で20分ほど焼く。

二度焼きするとビックリするほど硬くなります。
先日,歯医者さんで詰め物の治療した折
硬いものを食べる習慣はよした方がいいと言われました。
え?何のことと思いましたが、ビスコッティで納得。
歯は大切にしないとねェ。

北村光代さんのレシピを参考にアレンジしました。


b0227568_22462327.jpg
ヤクシソウ キク科

サザエさんの頭の本当の名前は「ハキダメギク」でした。
植物分類学者の牧野富太郎が世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名がついたとか。
あんまりの和名の代表。
ちなみに、イヌノフグリも牧野さんの仕業です。 



ランキングに参加しています
↓ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



今日も訪問ありがとうございました
[PR]
by kasumispatium | 2011-08-22 23:43 | おやつ
<< ぶりの照り焼き 予感の的中 >>