ブログトップ

tierra-k2

kaspatium.exblog.jp

命にかかわるお仕事

雨続き、チェンソーの調子が悪かったりと
なかなか始められなかった薪割り。

息子(R)が帰省している間になんとか終わらせるためにも
ノルマはどんどん増えて、
今日はたくさん、明日もたくさん。


b0227568_20255752.jpg
体力、つづくかなぁ。

夫がチェンソーで切った丸太をR が斧で割る。
私は一輪車で軒下の壁際に運び積みあげます。
すごくキツイんです!!

b0227568_20282783.jpg












ひと冬で12トン
暖房は基本的に薪ストーブだけ
私たちの生命線。

寒い寒いこの地方、薪が無かったら凍えてしまいます。

壁際にびっしり積まれた薪を見ると豊かな気持ちになります。

b0227568_20445629.jpg




















薪ストーブの良さは、じわ~っと温かいこと。
薪をくべて出掛ければ、帰ったときに部屋はほんのり暖かく
煮炊きができるのも嬉しい。

味噌を作る大豆を長いことかけて煮たり
ポトフなどの煮込み料理に向いています。
焼き芋も作れますよ。

炎を見ていると、とても落ち着きます。
なんだか冬が待ちどうしいな。


b0227568_20455895.jpg

手間暇かけて栽培された福蕨のおいしリンゴです。
有機肥料を使い、できるだけ化学合成農薬を使わずに栽培されているので安心して皮ごと食べれます。

九月中旬の赤いリンゴはつがる、黄色いリンゴはきおう、(なしは分かりません)。
後に出てくる晩成品種ほど美味しくなるそうです。福蕨のご子息Yさんのお話。
不思議ですね。



ランキングに参加しています
↓ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ レシピ本料理へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



今日も訪問ありがとうございました
[PR]
by kasumispatium | 2011-09-24 23:27 | 閑話
<< 料理教室 はみ出す美味しさ >>